ホルモン剤とは具体的にどんなもの?効果や副作用をご紹介致します。

女性ホルモンの仕組みを理解した上でホルモン剤を服用しよう

jutyd
「ホルモン剤」という言葉は耳にしたことがある方は結構多いと思います。
ですが、じゃあ実際ホルモン剤って何なのか?となると、あまり深く理解できていない方が多いのではないでしょうか。
今回は、そのホルモン剤の効果やその実態について説明していきたいと思います!

ホルモン剤とは?

とっても簡単に説明すると「女性ホルモンが配合された薬」です。
「ピル」は一番身近で、女性でも使ったことがある方も多いと思うのですが、ピルはホルモン剤の1種なのです。
ピル以外にも沢山の種類のホルモン剤があるんですよ!

そもそも女性ホルモンって何なの?

これも簡潔に説明しますと【女性が妊娠や出産ができるカラダを作るための2種類のホルモン】のことを指します。
「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類がありますが、これらのホルモンは卵巣で作られています。

身体や心の不調は、女性ホルモンが深く関係していた!

女性って、どんなに気をつけていても、どうしても身体や気持ちの不調の波が激しいと思うんです。
それは、この女性ホルモンの働きが関わっています。
【エストロゲン】は別名「美ホルモン」とも呼ばれていて、女性らしさをつくるホルモンです。
生理の終わり頃から排卵前にかけて分泌が多くなります。
このエストロゲンの分泌が多い時期のことを「卵胞期(らんぽうき)」と呼びますが、この時期は身体も心も安定しています。
お肌の調子がよかったり、自律神経が整って気持ちも安定し前向きであったり、体調の良い時期と言えます。
【プロゲステロン】はなんと別名「ブスホルモン」とも呼ばれ(!)もちろんなくてはならない重要なホルモンなのですが、このホルモンが分泌される時期が女性特有のやっかいな不調が多い時期なのです。
排卵後から次の生理にかけて分泌されます。
プロゲステロンの分泌が多い時期を「黄体期(おうたいき)」と呼びます。
受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態を整えたり(簡単に言うと妊娠しやすい状態を作ってくれます)、妊娠後は妊娠を継続させる働きをしてくれるとっても大切なホルモンです。
が、しかし、この時期は食欲が増しやすく、人によっては頭痛・腹痛・腰痛、むくみ、無気力、イライラ、悲しくなったり肌が荒れて吹き出物ができやすくなったり、これで悩まされている女性は少なくないのではないでしょうか?

ホルモンを増やせばいいの?減らせばいいの?

エストロゲンが多いとお肌や髪がつやつやになったり、女性らしい体つきになったり、女性にとって嬉しいメリットが沢山あります。
しかし多すぎると、太りやすくなったり、なんと乳がんや子宮内膜症、子宮がんの発症率が高まると言われているんです。
プロゲステロンは多いと多いでやっかいですが、少ないと今度は月経周期が不規則になり妊娠しづらい身体になってしまうので、妊娠したい方からすると分泌が少ないのは問題です。
他にも、エストロゲンが過剰に分泌しないよう抑えてくれる役目もあります。

ホルモンバランスを整えるお手伝いをするのが「ホルモン剤」!

fdhrs
この2種類のホルモン、どっちがいいとかどっちが悪いということではなく、どっちも重要なのです。
2種類のホルモンのバランスが悪いと色んな病気が不調を誘発してしまいます。
生活習慣を見直すことがまずは一番大事ですが、それだけではどうにもならない時に、バランスを良くして身体の調子を整えよう!というものがホルモン剤の役割なのです。
副作用もあったりするので、医師との相談は不可欠ですが、用量用法を間違えなければ女性の強い味方になってくれますよ!

アーカイブ

ホルモン剤 ホルモン剤情報
PAGE TOP